当会について

公益社団法人大分県臨床工学技士会は、生命維持管理装置の操作と保守点検と多様化する医療機器の安全確保を担う専門職の団体として、臨床工学に関する知識の普及・啓発ならびに会員の学術技能の研鑽および倫理の高揚を図り、大分県における福祉、医療の発展に寄与することを目的とした非営利職能団体です。

理事長あいさつ

 新年明けましておめでとうございます。
会員皆様におかれましてはつつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 今年は新元号(新年号)の年であります。昭和、平成、新元号の時代に臨床工学技士として仕事を継続でき、大分県臨床工学技士会、社団法人大分県臨床工学技士会、公益社団法人大分県臨床工学技士会に理事として携われていることを心から感謝申し上げます。
 ちなみに平成が決まる前の候補として「平成」「修文」「正化」という3つが次の年号の候補として挙げられていました。これらはいずれも国文学、東洋史に精通した学者によって発案されたもので、日本では、これを内閣府で十分に比較検討したうえで、決定したそうです。どのような年号になるのか楽しみにしています。間違いなく2文字だと思います。第4期公益社団法人内部理事選挙もあり新しい時代の役員も決定します。会員の皆様選挙協力お願いいたします。

 不撓不屈(強い意志をもち、苦労や困難に心がくじけない様)、この言葉皆様覚えていますか。元貴乃花親方が大関に昇進するときに述べた口上です。人工知能の普及により医療機器においても様々なソフトが開発され我々の仕事に影響を持つことは間違いありません。話はそれますが一番影響を受けている職業は将棋連盟だと思います。将棋ソフトの開発により若生棋士が強くなり、将棋の内容も変わってきました。その代表が藤井聡太棋士で、逆の影響を受けたのが天才棋士と言われた羽生善治棋士です。昨年は27年ぶりにタイトルがなくなり無冠になりました。数年前からこの日が来ることを予感しインタビューで「自分にできる将棋をやっていくしかありません」と述べています。羽生棋士が言いたいのは一日一日を誠実に過ごしその積み重ねを大事にすることだということだと思っています。これは我々臨床工学技士にも当てはまるのではないでしょうか。我々も人工知能と共有し新しい時代の医療機器に対応していかなければなりません。臨床工学技士としての覚悟と矜持(自分の能力を優れたものとして誇る気持ち、自負、プライド)をもって精進し頑張っていきましょう。
 技士会の活動としては昨年、初めて保健所の所長会に参加させていただき臨床工学技士の説明をするとともに立ち入り検査のアドバイスを求められ感染に関する項目を4項目追加させていただきました。今後とも県と連携し災害はもちろんの事、県採用の雇用、立ち入り検査など連携を深めていきたいと思っています。

公益社団法人大分県臨床工学技士会
理事長 小川 一

理事一覧

役名 担当職務 氏名 現職
理事長 小川 一 医療法人聡明会 児玉病院
副理事長 学術・渉外 垣迫 浩昭 医療法人社団正央会 古城循環器クリニック
副理事長 災害・広報 田邊 裕司 帰巖会 みえ病院
理事 事務局 高畑 智浩 大分医師会立 アルメイダ病院
理事 事務局・渉外 姫野 栄一 医療法人慈愛会 岩男病院
理事 組織 小野 信行 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
理事 学術 中田 正悟 社会医療法人 敬和会 大分岡病院
理事 災害 福泉 剛生 独立行政法人 地域医療機能推進機構 南海医療センター
理事 広報 永松 寛史 社会医療法人三愛会 大分三愛メディカルセンター
理事 渉外 薬師寺 芳郎 医療法人恵愛会 中村病院
監事   大石 義英 東亜大学

定款

定款・細則(PDF)

透析技術認定士、呼吸療法認定士の取得、更新に必要な点数について

3学会合同呼吸療法認定士

認定講習会 受講資格

 過去5年以内に、認定委員会が認める学会や講習会などに出席し、12.5点以上の点数を取得すること。

認定更新制度

 認定更新は定められた期間内に合同専門委員会に申請し、認定される事により行なわれます。 5年毎に認定の更新を必要とし「呼吸療法認定士認定更新に必要な点数取得基準」に記された学会・講習会等への出席および論文発表などによって総得点50点以上を取得し、取得点数証明書など更新手続きに必要な書類一式を認定委員会へ提出すること

透析技術認定士

認定更新の基準

 透析技術認定士の更新希望者は認定証の始めの日から更新申請日までの間に、透析療法合同専門委員会で規定する当委員会の母体学会学術集会に1回以上出席していること。
認定証の始めの日から更新申請日までの間に、透析療法合同専門委員会が規定する学会、講習会などに出席する事により点数を取得し、取得点数の合計が5年更新で50点以上であること。

上記、認定資格では、取得・更新に必要な点数の取得基準が設けられています。今後、公益社団法人 大分県臨床工学技士会では、これら認定資格に必要な点数の確保に努めてまいります。是非ご参加ください。

ページの先頭へ戻る