当会について

公益社団法人大分県臨床工学技士会は、生命維持管理装置の操作と保守点検と多様化する医療機器の安全確保を担う専門職の団体として、臨床工学に関する知識の普及・啓発ならびに会員の学術技能の研鑽および倫理の高揚を図り、大分県における福祉、医療の発展に寄与することを目的とした非営利職能団体です。

理事長あいさつ

 新年明けましておめでとうございます。
会員の皆様におかれましてはつつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
アメリカの大統領選挙も終わり、その結果日本にどのような影響が出てくるのかわかりませんが、公益社団法人大分県臨床工学技士会は、将来を見据え安定した技士会運営を行っていきたいと思っています。
 この度、第12回九州臨床工学会を平成29年9月29日(金)・30日(土)・10月1日(日)に、ホルトホール大分をメイン会場として開催することになり、その学会長を務めさせていただきます。
 九州臨床工学会は、先人たちが私たち臨床工学技士の技術、知識の向上のためにと立ちあげた研究会を継続してきたものです。チーム医療における臨床工学技士の役割は大きく成長し、活躍しています。しかし、私たち臨床工学技士は医師、他の医療関係者、企業、先人の臨床工学技士の支えで成長してきたことを忘れてはなりません。感謝という言葉を忘れないため、今回のテーマは、「臨床工学技士に歴史あり~師資相承 パイオニアからの提言~」といたしました。本研究会の歴史の重みを真摯に受け止め、学会に参加される皆様にとって実り多き学術集会になるよう、学会開催まで、あと半年となって参りましたが、実行委員一同万全の体制でおもてなしする覚悟で準備いたしております。会員皆様のお越しを心よりお待ちしております。せっかくの機会ですので、大分県臨床工学技士会員の方で学会運営に興味がある方は姫野実行委員長に連絡相談していただければ幸いに存じます。
 また今年度は、公益社団法人大分県臨床工学技士会として第3回目の理事選挙があります。理事に立候補する方には是非将来の技士会の在り方を考えていただきたいと思います。
 実りある事業として「え~らCE」運営部委員長の佐藤朋子氏を中心とした委員の皆様が心置きなく活動できるよう協力していきたいと考えています。大分県臨床工学技士会会員女性技士の皆様「え~らCE」にはいって活動してみませんか?
 災害活動も昨年度は、大分県福祉保健部健康づくり支援課大分県人工透析医会大分人工透析研究会 と協力し合い合同でアンケート調査をおこないました。本年度も大分県臨床工学技士会が中心となり合同の事業を進めてまいりたいと思っています。
 理事・委員一同、技士会のため気を緩めることなく、会員皆様方と共に心を一つにして、業務に取り組んで参りたいと思います。更なる会員の皆様のご協力をお願い致しまして、ご挨拶とさせて頂きます。

公益社団法人大分県臨床工学技士会
理事長 小川 一

理事一覧

役名 担当職務 氏名 現職
理事 理事長 小川 一 医療法人聡明会 児玉病院
理事 副理事長 垣迫 浩昭 医療法人社団正央会 古城循環器クリニック
理事 副理事長 田邊 裕司 帰巖会 みえ病院
理事 事務局長 高畑 智浩 大分医師会立 アルメイダ病院
理事 事務局次長 姫野 栄一 医療法人慈愛会 岩男病院
理事 組織担当理事 小野 信行 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
理事 学術担当理事 光武 徹 日本赤十字社 大分赤十字病院
理事 災害担当理事 福泉 剛生 独立行政法人 地域医療機能推進機構 南海医療センター
理事 情宣担当理事 永松 寛史 社会医療法人三愛会 大分三愛メディカルセンター
理事 渉外担当理事 薬師寺 芳郎 医療法人恵愛会 中村病院
監事   大石 義英 東亜大学

定款

定款・細則(PDF)

透析技術認定士、呼吸療法認定士の取得、更新に必要な点数について

3学会合同呼吸療法認定士

認定講習会 受講資格

 過去5年以内に、認定委員会が認める学会や講習会などに出席し、12.5点以上の点数を取得すること。

認定更新制度

 認定更新は定められた期間内に合同専門委員会に申請し、認定される事により行なわれます。 5年毎に認定の更新を必要とし「呼吸療法認定士認定更新に必要な点数取得基準」に記された学会・講習会等への出席および論文発表などによって総得点50点以上を取得し、取得点数証明書など更新手続きに必要な書類一式を認定委員会へ提出すること

透析技術認定士

認定更新の基準

 透析技術認定士の更新希望者は認定証の始めの日から更新申請日までの間に、透析療法合同専門委員会で規定する当委員会の母体学会学術集会に1回以上出席していること。
認定証の始めの日から更新申請日までの間に、透析療法合同専門委員会が規定する学会、講習会などに出席する事により点数を取得し、取得点数の合計が5年更新で50点以上であること。

上記、認定資格では、取得・更新に必要な点数の取得基準が設けられています。今後、公益社団法人 大分県臨床工学技士会では、これら認定資格に必要な点数の確保に努めてまいります。是非ご参加ください。

ページの先頭へ戻る